作曲家 久石譲を父に持つ。2歳からピアノを始める。

4歳時には、映画「風の谷のナウシカ」幼少時回想シーンで流れる『ナウシカ・レクイエム』(ラン ラン ララ〜)をうたい大きな印象を残した。 6歳からNHK東京放送児童合唱団(現NHK東京児童合唱団)に所属。卒団まで意欲的にコーラス活動を行う。

2005年韓国映画「トンマッコルへようこそ」(同年韓国興行収入第1位)テーマ曲によりソロ活動を本格化。以降、レコーディング、コンサートのほか、作詞、作曲まで、その活動の幅を広げる。 2006年ファーストシングル『さくらが咲いたよ』(ワンダーランドレコード・配信限定)をリリース。 2007年久石譲作曲、日産スカイラインCM曲『I will be』では作詞も手がける。

2008年宮崎駿監督「崖の上のポニョ」のイメージアルバムに収録された『ひまわりの家の輪舞曲』をうたい、本編にもヴォイスで参加。同年8月、日本武道館で開催された「崖の上のポニョ公開記念 久石譲 in 武道館〜宮崎アニメと共に歩んだ25年間〜」にゲストヴォーカリストとして出演した。また、この年リリースされたDAISHI DANCE『the ジブリ set』に、麻衣がうたう『君をのせて』が収録。クラブシーンとのコラボレーションにより、ジャンルを超えた存在感を発揮。後に『the ジブリ set』は35万枚のセールスを記録し、ゴールドディスク認定(プラチナ)アルバムとなる。

2009年4月から放映されたサントリー天然水CM曲では、透き通った歌声で注目を集める。2010年12月にはファーストアルバム『麻衣』を発表。2011年7月に全世界で公開された映画「ハリーポッターと死の秘宝 Part 2」のオープニングテーマを、同年12月のNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」第3部主題歌『Stand Alone』をうたう。

2012年からは、大阪城ホールで毎年開催される「母に感謝のコンサート」に出演している。また同年、ニューヨーク国連本部の職員で結成された国連合唱団の日本ツアー「平和と慰霊のコンサート」のソリストとして広島、長崎、沖縄を回る。

2013年5月には、ピアノ弾き語りによるアルバム『うたうまい 童謡うたう』をリリース。8月には東京・紀尾井ホールにて、ピアノ、チェロ、パーカッションによる『ポップな童謡』を披露。親子愛、日本語の美しさ、童心をテーマに、新しいスタイルで日本を表現し始めている。


一ツ山チエさん